初心者のための賃貸部屋選びのコツ

賃貸部屋の導線を意識してみよう

賃貸物件を選ぶ際には、実際に生活するにあたっての導線を意識することが大切です。この導線というのは、日々の生活を送るうえで、その部屋に住む人がどのようなルートを通って室内を行き来するかを線状にして表…

賃貸部屋の収納の有無を確認しておこう

賃貸の契約初心者の場合、大きな収納があれば便利で使い勝手の良いものと考えてしまいがちですが、収納の有無だけで判断してはいけません。収納があるのならば、その使い勝手の良さを確認することが重要です。大…

賃貸部屋の内覧は必ずしておこう

自分好みの部屋を不動産会社のサイトで見つけたとしても、実際にその部屋を目で見るに越したことはありません。自分が借りようとしている部屋は一度でも「内覧」しておくことはとても大事です。自分の目で見てお…

初心者が賃貸部屋を借りるときに気をつけるべきこと

居心地の良い賃貸部屋を見つけることも大切ですが、安全に暮らすためには部屋外の部分である建物のことや、地域のことも知っておく必要があるでしょう。ここでは、着目しておきたい賃貸部屋を探すときの気をつける点について述べていきます。

防犯が気になるならセキュリティ面を重視してみよう

オートロックを使用し、まずは建物の敷地内にアクセスできる人を物理的に限定することが大切です。アクセス権を限定することで、敷地内には基本的に住人をはじめとする建物の関係者のみがいるという状況を確保す…

建物の独自ルールを知っておこう

賃貸部屋を借りるときは、内見に行くよりもまずは間取り図を見ることから始める人が多いのではないでしょうか。しかし間取り図にはさまざまな記号や略称が記載されていて、初心者には理解しづらいですよね。間取…

札幌の賃貸を探す時の見極めポイント

札幌北区の賃貸は物価が安く、治安も良いですのでおすすめです。地下鉄は南北線なので時短で中心街に行けるので大変便利です。

地域の災害情報も確認しておこう

エリアの選択肢があるなら災害対策を考えよう

賃貸物件を探しているときにどのエリアに住むかを広く決められるか、このエリアでなければならないかはケースバイケースです。もしいくつかの選択肢を挙げられるなら、安心して住める地域を選ぶようにしましょう。例えば、転勤を命じられたけれど二か所から選ばせてくれるということもあります。一方は豪雪地帯だけれど、他方は平野で雪の心配がないこともあるでしょう。また、一方は台風が毎年直撃している地域なのに対して、もう一方は特に台風の被害を受けることがない地域のこともあります。このような災害のリスクを最小限にすることで安定した暮らしを営めるようになるので、賃貸物件を選ぶエリアの候補が複数あるなら災害対策を考えましょう。

エリアが決まっていても災害情報を見てみよう

どのエリアに住むかはもう決まってしまっているという場合にも災害対策を考えるのは大切です。同じエリア内であっても場所によって災害に遭うリスクが異なることがよくあります。市区町村などから発行されている災害情報マップなどを参照してみるとわかるでしょう。地震があったときに地盤が悪いと倒壊するリスクが高くなります。河川が近くにあると氾濫してしまって床下浸水などのリスクがあるエリアもあります。ただの大雨でも浸水の被害に遭いやすいエリアと、小高い場所で安全なエリアがある場合も少なくありません。地域の災害情報を参照してみれば起こり得る災害のリスクの高さは簡単にわかるので、どんなときでも安心して住める物件を選ぶのが大切です。